若草幼稚園の保育とは

 

 

若草幼稚園の特徴・教育方針    
     
若草幼稚園の子どもたちは、土と水と風と太陽を身体中で感じ、緑の中で元気いっぱいに遊んでいます。特に本園が所有する「すくすくの森」は、動植物、地形の多様性に富み、幼児期の体験として必要なもののほぼ全てを与えてくれます。若草幼稚園は「自然の中で大きく心と身体を動かすこと」をとても大切にしています。
また、園の環境を通じて多くの文化に出会い、社会生活を営む上で重要な規範も学んでいきます。特に「遊び」のなかで試行錯誤する力、創造する力、協同する力、調整する力を育み、自分を愛し、他者を思う心を育てることは、とても大切なことだと考えています。
学びの節目として、運動会や作品展、生活発表会、すくすくファミリーコンサートといった行事があり、保育者は日々の生活や遊びの重要なエッセンスを引き出し、構成するなかで、子どもたち一人一人が自己を十分に発揮し、表現できるよう、カリキュラムを創造していきます。
「食育」にも力を入れており、幼稚園で栽培した無農薬野菜などを使った、週に2回の給食があります。子どもたちにそのもの本来のおいしさを味わってほしいと願っています。
保護者のサークル活動として、コーラス部、テニス部、絵本の会(ロッタちゃんクラブ)、劇団お母さん、父ちゃんずなどがあり、皆さんとても楽しく活動されています。さらに未就園児を対象とした「めばえ教室」で、園の施設・遊具を親子に無料で開放しています。
 
たけのこ掘り
みんなで先生と引っぱりっこ。
 
虫たちの絵
森で出会った虫たちを描いてみました。

若草幼稚園の概要


若草幼稚園の自己評価    

前年度の若草幼稚園の保育について自己評価を公開しています。
H28年度自己評価