著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

カタツムリ ・・・2歳児

 

久しぶりに2歳さんとの一日。

クラスに入ると、作品展に出したカタツムリさんたちが、

ずらっと棚に並んでいた。

 

それをとても誇らしげに紹介してくれる。

「わぁ、すごいなぁ。

 すてきなカタツムリだね~。」

と、その心が嬉しくて相槌を打つ。

 

と、「Nちゃんのは?」というNちゃん。

覚えてへんのかいな。

Nちゃんは、付いている名前のタグを見て、

「これは、Nちゃんのじゃない。」

という。

なるほど。

自分の名前の字は覚えていて、違うということがわかるわけか。

というか、名前が拠り所なわけか。

と、一緒にいたYくんも、

Yくんのは?」

あら、あなたも覚えていないのね。

というわけで、えらく探すのに時間がかかったのであった。

 

誇らしい気持ちは残り、

自分のがあるということもわかる。

だが、直観まくりの感覚的な制作だから、忘れるんだね。

 

なんか納得。

 

子どものすてき。