著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

これはブロックなのです ・・・みちこ通信

 

鉄棒に、縄をくくりつけて、ブランコをつくる2歳さん。

ところが、Nちゃんは、なかなか括りつけることができない。

「あ~あ、Nもしたいのに!」

と怒るNちゃん。

そこで、そ~っとSちゃんが手助けする。

縄をぎゅっと括りつけてブランコのできあがり。

「よかったね、ブランコできたね。」

と私がNちゃんにいうと、

 

「ちがうき~!ブロック!」

と怒るNちゃん。

 

私は、単なる言い間違えかなと思い、

「え?」と聞き返すと、

すかさずSちゃんも、

「ブランコやろう。」と返すも、

「ちがう、ブロック!」

と言い張るNちゃん。

 

目に浮かぶ。

 

すると、私は間違ってないと

譲らないNちゃんの顔をみたMちゃんが、

「うん。ブロックやね!」

と相槌をうった。

 

それで一瞬まわりがシーンとなる。

(どうみても、ブロックではない。)

しかしNちゃんは、それで心が落ち着いたようで、

ご機嫌でブランコを始めたのだった。

 

いやぁ。

Mちゃん。

さすが第3子の社会性。

(ていうか、それは大人の呼吸ですね。)

 

それから、それぞれの縄跳びブランコで、

「1,2,3,4・・・」と数えながら、たくさん遊んだ。

しばらくして、私がNちゃんに、

「ブラン、ブラン、ブランコ。 楽しかったね!」というと、

「うん、ブランコ楽しかった!」と答えたNちゃん。

 

正しい答えをおしつけるのではなく、

「うん、そうだね!」

と気持ちに寄り添ってあげることで、

素直になれて、相手の言うことを受け入れることができる、

ということを子どもたちが見せてくれたできごとでした。