著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

今年の見どころ ・・・生活発表会

 

今年は、大丈夫である。

去年は悲惨だった。

 

今年は、「柱」とか、「芯」とか、「分かっている」とか、

何か揺るぎないものを子どもが持っている気がする。

 

というわけで、今回は、内輪感満載だが、

各クラスの見どころをお伝えしたいと思う。

 

まず、2さい、ぞう組。

かわいい。

 

そして、2さい、きりん組。

かわいい。

 

以上。

いやいや、なかなか「劇」になっています。

先生たちの「やられ方」が見どころです。

 

3さい、うさぎ組。

「ももたろう」のでっかすぎるきび団子が見どころです。

3さい、りす組。

担任の迫真の演技。

 

いやいや、みんな本当にかわいい、

の以上に、オリジナリティが高く、

がっこよくやってます。

自分のすてきを信じてやってます。

 

4さい、つき組。

世界一強いおすもうとは、手押し相撲であった。

ここの行司こそ、世界一である。

テレビで研究したそうだが、そのプロっぷりに脱帽。

このお話では、

世界一かわいい鬼が、自分たちよりかわいいお姫様を許せないといって、

リボンにあふれたファンシーな鬼の家に閉じ込める。

新たな鬼像を開いていくれる作品である。

お姫様を助けに来たヒーローと戦う、

この世界一かわいい鬼たちは、

「エイサーホイサーエイサーホイサー。」と戦う。

なぜ、エイサー、ホイサーなのか。

 

4さい、ほし組。

「まえがみたろう」

魂がほとばしるため、常にてんやわんや。

ここまで来た!ということが、すでに見どころである。

昔話だから、とてもスロ~なテンポで、チアダンスを踊ります!

このお話を愛した子どもたちの演技をお楽しみに!

 

年長、あやめ組。

童話「いろいろへんないろのはじまり」

最終学年らしいすばらしさ。

何せ、畳5枚分ほどの迫力の壁面4枚が圧巻。

青の世界、赤の世界、黄色の世界、そして、いろんな色の世界。

まっこと、ゴッホを超えとる。

最後の壁面の芸術性の高さには舌を巻いたが、

ちゃんとSくんの大好きなパンダもいたところが笑えた。

よく、塗ったね。

その他の小道具も、なかなかのセンス。

青い世界の青いホットケーキは実にまずそうだし、

赤い世界の飲み物は、唐辛子のジュースしかない。

ついでに、パンダも赤い。

どの役も、どの子も、

晴れ晴れしく、個性あふれる素晴らしい演技を見せてくれる。

 

年長、ばら組。

「地獄のそうべえ」

地獄に落ちたそうべえたちは、

様々な地獄を平気の平左で乗り越えるお話だが、

実は、ここの地獄は音楽聞いたり、ダンス見たり、サッカーしたり、

ビー玉転がししたり、楽しいことしかない。

というのは、大人目線である。

何より、我らが若草カインズ(お母さんのチアダンス部)の曲を、

子どもたちが踊ります!!

あれほど、我々が苦労して習得したあのダンスを!

子どもたちが踊るのです!!

すごい!

憧れこそが、学びの原点。

カインズのみなさん。

見んといかんね。

その他、「笑い」を演技に取り込み、みんなで一つのものを創り上げていく。

年長らしさに満ちた劇になっている。

 

全クラス共通の見どころは、私たちを幸せにしてくれる

エンディングですね。

 

というわけで、今年は大丈夫です。

18日、お楽しみに!!

 

子どものすてき。