著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

豆まき後日 ・・・みちこ通信

 

今年もさらわれたのは、ふきこ先生だった。

子どもたちも、この抜き差しならん一日を迎えるにあたって、

さまざまなうわさを立て始める。

過去には、新人が連れ去られると看破した子もいたし、

今年は、ふきこ先生はもう連れ去られたから、大丈夫説が流れていたが、

担任のふきこ先生は、それを利用して、

先生は大丈夫だからと「お祓いの豆箱を作らない」という、伏線をはった。

 

当日、本当に連れ去られた時の子どもの静かになりぶりは、

実に緊張感に満ちたものであり、世界が一瞬止まっていた。

 

そして、ふきこ先生は、自力でこけながら逃げてきたわけだが、

なぜ、逃げることができたのかは、子どもたちの最大の関心事であり、

それを見越して作っていた話は、瞬く間に、全園に広がったようであった。

だって、2歳まで知ってんだもん。

それは、「柊の葉っぱをたまたま持っていたので刺してきた」というものであり、

そのために、ふきこ先生は、わざわざ森の服を着てきたのである。

我々の仕込みは、完璧である。

 

ちなみに、鬼との打ち合わせも完璧であった。

それでも、予定通りにはいかんのが本番である。

最後、福の神にやられるシーンでは、

福の神にやられながら、3人で一周するはずであったが、

なぜか二人はやられているのに、一人が遠くに離れており、

予定通りの方向にまわると時間がかかると判断した離れ鬼は、

福の神のパワーで吸い込まれる~、やられる~、

という臨機応変の演技にて、福の神にやられにいったのであった。

ところがそのときには、もう一人がすでに退散を始めており、

その鬼は、予定通りに、みんなが退散しないので、

「あり?」と立ち止まり、もう一度やられにいったのであった。

ちなみに、この鬼は、登場シーンでも、

思いのほか門の鍵がややこしかったため、

「あり?」となったのであった。

すんません。

 

前置きはこのくらいにして、

みちこ通信に入ろう。

 

節分明けのはと組。

2歳児たちが、よってたかって、こんなふうに話をしてくれた。

 

「鬼が来て、ふきこ先生をつれていった!」とHくん。

「トゲトゲの葉っぱがあったから、逃げたが!!」とYくんにSちゃん。

「福の神が、トゲトゲでやっつけて・・・、鬼が逃げたが。」

とわぁわぁであった。

 

例年の報告は、「鬼が来てこわかった。」とか、

「赤鬼が強かった。」ぐらいのものだが、

(ちなみ今年は白鬼がこわかったらしい)

今回は、本当に連れ去られたので、実に詳しい説明があった。

 

そんなこんなで、遊びも鬼ごっこである。

私が鬼になって、子どもたちを追いかけると、

「わー!」といって逃げる子どもたち。

そして、豆を投げるふりをするAくん。

そうして、反撃をはじめる子どもたち。

「あいたた~!」と演技しながら、また追いかける。

それでつい、節分の結界線だった、

白い線のなごりに入ってしまうと、

すかさず、「ここに鬼は入らんが!」とSちゃんに注意をうける。

子どもにとっては、非常に大事なことである。

 

疲れてきたのか、

鬼のリアクションが怖くなってきたのか、

Eくんが、急に、追いかけている私にこういった。

 

「みちこ先生に、なぁれ!」

 

その手は私に魔法をかけている。

あまりに予想外だったため、一瞬目が点になったが、

クルリと回って、かわいいポーズをとってみた。

「やった!」と喜ぶEくん。

 

そして、みんなで手をつないでお部屋に帰った。

 

楽しかった。

 

子どものすてき。