著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

園長の幸せ ・・・年長児

 

若草幼稚園は、いったいどうしたのか。

先生がバタバタと体調を崩し、

すごいことになっている。

 

そして、年長さんのクラスに入った。

お掃除の時間、みんなが床を一休さんで拭いているなか、

4人の男の子が輪になって、「いちに、さんし、いちに、さんし」と、

同じところをただ拭きはじめた。

のびて~、ちぢんで、のびて~、ちぢんでという感じ。

 

何やっとんのかいな、

と思いながら見て、

「他の人が拭いてないところ、見つけて拭いてね~。」

と声をかける。

 

すると、その集団が、「いちに、さんし」をやめて、

「えんちょ(園長)、えんちょ(園長)、」と拭き始めた。

意味のなさぶりが実に笑える。

すると、別の子が「仲間に入れて」といって、入った。

 

これは、仲間に入ることなのか?

と心で突っ込む。

 

次に、この不思議集団は、

「ばーか、ばーか、」と拭き始めた。

 

なにっ。

 

しかし、「ばーか」だけでは、わからないので、

「園長バカ」と提案したものもいたが、

いいづらいと判断されたらしく、

さっきから声のあがっていた「やまんば」が採用される。

 

「やまぁ んば、やまぁ んば、・・・」

と拭き始めるが、これは妙にしまりがない。

そこで、出てきたのは、

「えんちょうやまんば」だった。

 

さらに何故か仲間も増え、

言葉数が多くなり、タイミングを合わせなければならないので、

全員の集中度が高まり、そのせいで、声はとても低くなる。

 

「えんちょうやまんば、えんちょうやまんば、えんちょうやまんば、えんちょうやまんば・・・、」

 

と、一心不乱に雑巾を前後に動かす姿は、

もはや不気味でしかなく、

呪いか、それは、

と突っ込みたくなった。

 

その後、この不気味集団は、

「まみこ、まみこ、まみこ、」

と拭き始め、無事解散した。

 

大変意味もないことの題材に選ばれる園長を、

大変光栄に思った。

 

園長の幸せ。

子どものすてき。