著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

バチン ・・・年中児

 

園長が「やまんば」であるという若草伝説の定着に5年かかり、

今では、すっかり落ち着いて、

外部の人に、「この人やまんば。」と紹介されるまでに至っているが、

節分の豆まき以来、すっかり保育室は鬼だらけである。

そして、非常にいい感じの鬼の角が、

黄色い画用紙で作られているのを見て、

私がこういった。

 

「まみこ先生の角の色は、黄色じゃないで。」

すると、Mちゃんが、

「なに、なに、何色?

 黄色?」

「ちがうちがう。」

「ピンク?」

「んな、あほな。

 ピンクなわけないやん。」

「ぶふふふ。

 え~、何色~?教えて。」

「ヒント。」

「うんうん。」

 

そこで、私は、彼女の白いトレーナーを指さす。

「え? 何?

 白?」

「うん。」

とうなづくと、

 

バチン。

 

とほっぺを叩かれた。

 

はい?

 

すると、Mちゃんは、こういった。

「もう~!

 なんでよ~。

 答えやん。」

 

いや、私もそう思わんでもなかったよ、たしかに。

やけど、平手打ちされるとは思わんかったわ。

 

子どものすてき。