著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

旅する ・・・2歳児

 

今年の2歳児は、とてもしっかりしている。

初日のお昼の風景は、一瞬学年が違うのではないかと思うほどのもので、

むしろ、年少さん大丈夫か、と思った次第であったが、

それは、単純に「緊張」というものがなせる業であった。

 

2日目、3日目となるにしたがって、

溜まった緊張は沸点に達し、門をがちゃがちゃと揺らして、怒って泣く。

 

とても自然な姿である。

 

幼稚園は、まず最初に、

門で閉ざし、塀で囲う場所なのだという事を、

新入児たちは、いつも教えてくれる。

それを、安心の場所に変えていくことが我々の仕事である。

 

というわけで、門を揺らして怒る、Kちゃん。

Kちゃんの身長からいえば、

門は、さぞかし、そびえたっていることだろう。。

 

「お父さん、探しに行く?」

と声をかけると、「うん」とうなづく。

 

ちなみに、前の日、泣いて怒るKちゃんに、

「お父さんに、会いたいね。」

と声をかけると、

「言わんとって!」と両手をふって拒否された。

 

なぐさめもいらん、

私に構うのな!

 と、断固たる決意を表明する姿は、

実に男前であった。

ちなみに、顔はお人形さんのようだが、

その声は実にハスキーで、なんともいえん可愛さがある。

 

さてしかし、旅に出ようと、一緒に門を出ると、

即座に、「抱っこ。」と両手を挙げたKちゃん。

外が自分の知らない世界だとわかっている、かしこい子である。

 

そうして、あっち、こっちと指さす方に歩いて行った。

歩くたびに、お父さんもお母さんもいないことがわかってくる。

車通りの多い、交差点に来て、

「ここから先は、まみこ先生、行けないなぁ。」

と、抱っこしてすみっこに座る。

 

・・・・。

 

「幼稚園で、お父さん、待ってよっか。」

と言うと、「うん。」とうなづく。

 

それからは、気持ちを切り替えて遊んだ。

 

次の日も、ぎゃん泣きであったが、

外に出る必要はなかった。

そして、好きになった先生のそばにいて、

そばにいなくなると怒り狂って泣くので、

「先生、いっぱいいて、わかんないね。」というと、

「うん。」とうなづく。

M先生と、M先生と、M先生、3人覚えとったらいいわ。」

というと、妙に納得してうなづいていた。

(ちなみにそれは、私ではない。)

 

Kちゃん。

小さな身体で、精いっぱい生きている。

子どものすてき。