著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

そして、旅する ・・・2歳児

 

Hちゃんも、3日目にたくさん泣いた。

門のそばで、出ていきたいと泣く姿を見て、

一緒に旅に出ることにした。

 

彼女は、私に抱っこさせなかった。

一人で歩く気持ちだったけれど、

やっぱり手を差し出すと、小さな手でにぎってきた。

 

とことこ、とことこ、と歩く。

お父さんとお母さんに会いたい、というただそれだけの思いで、

知らない道を知らない人と歩く、Hちゃん。

 

とことこ、とことこ、という歩みに合わせて歩いていると、

Hちゃんの、その純粋で、必死な思いが伝わってきて、

抱っこさせない独立心と孤独に前を進むかっこよさに、

敬意のようなものを感じた。

 

園指定の駐車場にたどり着き、そこを抜けて、

左の道を選び、彼女は、まっすぐまっすく、歩いて行った。

車がたくさん走る道路で行き止まりになり、

立ち止まる。

しばらく、二人で黙って立った。

それから、私がしゃがむと、手を引っ張って、「立て。」と促した。

ほっといて、ということだろう。

また、二人でしばらくたたずむ。

 

それから、私はHちゃんに、

「お父さんとお母さん、いないね。」と声をかけると、

「うん。」とうなづいた。

Hちゃん、迎えに来てくれるから、幼稚園で待ってよっか。」

というと、

「うん。」とうなづいた。

「おんぶしよう。」と背中を出すと、首をふる。

でも、した方がいいなと思い、

「いいよ、おいで。」というと、おぶさってきた。

そこで、抱っこにして、二人で園に帰った。

 

門に入ったとたんに、やっぱり違う、と大泣きする。

そして、外へ出ようと身体を傾けるので、

「もう一回行く?」と聞く。

うなづくので、一緒に門を出る。

今度は「抱っこ」と言って来た。

それで、出発するけれども、

5歩くらい歩いて、「やっぱり、幼稚園で待ってない?」と聞くと、

「うん。」とうなづいた。

 

結果は同じと予測できたのだろう。

お部屋に行きたいというので、お部屋で一緒にままごとをして遊んだ。

 

あきらめの先に、楽しい生活があるように、

先生たち、頑張るからね。

Hちゃん。

一緒にたくさん、遊ぼうね。

 

子どものすてき。