著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

世界が広がるね ・・・2歳児

 

Sくんは、ジェントルマンである。

一日中泣いている雰囲気であるが、

そのほとんどは、どこか演技的である。

本気だけど、アピール度が高いというところであろうか。

 

そこで、3日目にこう、声をかけてみる。

「もう、あきらめや。」

何を言い出すのか、という目でみるSくん。

 

そこで、お家であかちゃんになりますか?だの、

お家には、こんな大きな砂場がありますか?だの、

いろんなことを言ってみる。

そして、「お家帰る?」と聞くと、

「ううん、」と首をふる。

ジェントルマンは、誇り高き男である。

 

そして、A先生に抱っこされて、

ダンゴムシに興味を示すものの、怖くて触れない。

「あ、触れんのね。」

と、「そうなんだぁ。知らなかったぁ。」という雰囲気で言ってみるも、

Sくんは、こわいんだ、ぼくはかわいそうなんだモードで対抗してくる。

 

積極的に身体を動かすことは難しいテンションであるけれども、

「不思議」には、心を動かしてくれそうだと、

色水遊びの環境をつくる。

目の前で、水の色が変わっていく様子に見入るSくん。

そこで、一緒に花を採りに行くことにする。

すぐに、立つSくん。

そして、

 

「あ、この花ね。」と花を採り、

「これはどうすんの?」と草をつまみ上げる。

その雰囲気は、大企業の秘書室部長みたいな感じであり、

私はその同僚であった。

 

君は、自分がかわいそう、ではなかったのかね。

 

さらに、彼は、さっき触れなかったダンゴムシも、

一瞬見つめてから、ひょいとつまんだ。

「さわれんじゃん。」と自分で思っている雰囲気であった。

そうして、ダンゴムシの世界に没入していった。

 

というわけで、プライドをくすぐると、

俄然、燃え上がる男であった。

 

彼のすごいところは、自分が見てほしい、と思った時に、

ちゃんと見せたいものを自分で運んで、

見せたい先生のところに行っていたことである。

それも、自分のことを見てくれた先生に。

 

だいたい、泣いていたところから、

他に興味を持てるものが見つかっても、

その気持ちを受け止めてくれる人がそばにいなかったら、

「誰も、僕のこと見てくれない、わーん。

 知らない人ばっかり、わーん。」

とすぐに泣くものである。

だが彼は、そんなとき、

自分で先生を見つけて見せに行った。

見た目通り、相当、自立しているし、

結局のところ、かなり大丈夫な人なのであった。

 

世界が広がるね。

 

子どものすてき。