著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

さすが女子 ・・・みちこ通信

 

木の積み木で基地を作り、

恐竜が来たら、やっつける設定のごっこ遊び。

Hくん、Yくん、Yくんが出かけていき、Kくんが基地に残る。

そこへ、Nちゃん、Lちゃん、Sちゃんがやってきて、

積み木のなかに入ろうとすると、

Kくんが、「女は勝手に入ったらいかん!」という。

 

ム~、という険悪な雰囲気になり、

「なんでよ~。」と怒る女子たち。

Lちゃんが、腰に手をあてて「だって、遊ぶがやき~。」と抗議する。

Kくんは、少しうろたえちゃうけれども、

この場所は守らなければ!という気持ちで頑張る。

そこへ、3人が帰ってきて、

Yくんが「何なが?」と挑戦的に・・・。

そして、Hくんが「勝手に入らんとって。」という。

 

すると、女の子同士顔を見合わせ、

Nちゃんが「え~、どうする~。」といい、

3人は場を離れて何か話し合う。

積み木で遊ぶのをあきらめたかと思ったが、そうではない様子で、

また、彼らのところに戻ってくると、

3人で、顔を見合わせて何やら相談し、

「よせて!」と仲間感満載で言うと、

男の子たちは、顔を見合わせて、少し恥ずかしそうに、

「いいよ。」と。

 

(これですかね!

 男子は、こうで、女子はこう。

 なんですかね!・・・エンチョウの叫び)

  

素直にかわいらしくいうと、相手も聞いてくれるということを、

この年齢になると子ども同士理解して、駆使していくのだと、

驚きでした。

(いや、私も驚きです。爪のあかを煎じて飲まないかん)

 

そうして、基地は、いつしかままごとセットが導入されて、

お家ごっこに変身し、平和な家庭が築かれたのでした。

 

子どものすてき。