著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

放送係にて ・・・年長児

 

久しぶりに、運動会の放送係を担当することになった。

とにかく、騒がしい。

座っていない。

すぐ茶化す。

ふざける

消える。

 

練習にならん。

 

大丈夫か・・・、というか、

これほどまでに、なぜ、騒ぐ。

クラスでは、ちゃんとやってるじゃないか、

と思う。

 

だが、私は心配していない。

一人だけ心配しているが、

その子も、きっとやり遂げるだろう。

何しろ、みんな根が真面目なのである。

 

例えば。

 

みんな文字が読めるので、

カンペを配っているのだが、

配った途端に食い入るように見る。

 

とか、

 

本番では、これ見ませんよ、

というと、

次の日に、もう覚えてくる子が二人いて、

ほぼ全ての子に自主練の跡が見えた。

 

とか、

 

心配している子とは別に、

一人レジスタンス男がいるのだが、

自分のやり方で納得しないと、てこでも動かないし、

ツボを外すと怒り出すので、

ツボを外さないようにすることにも一苦労するのだが、

「つ~ぎ~・・・は?」とか、一文字一文字読むので、

結局何を言ってるかわからん状態について、

「見てたら意味わからんから、

 真実子先生が言ってるのを聞きなさい。」

というと、それは、ツボだったらしく、

私が、一文を流れるように読んで、

いちいち「意味わかったか。」と聞くと、

大変真面目に、毎回「わかった。」と、答えるとか。

 

練習が終わってからも、自分でやりたかったところを、

自分でやってみる子続出とか。

 

まったくまとまらんで、

あきれるしかないが、やり遂げることは間違いないだろう。

だが、いいんですかね、これで。

 

今日も、積み木で上がる台をつくったら、

早速、積み木を積み上げまくって、

さらに、練習している子の後ろにいる私の周りを積み木で囲んで、

私は埋められた。

 

そして、最後挨拶して終わったら、

「あ~、今日も楽しかった!」

といって、クラスに帰っていた。

 

いいんですかね、これで。

 

子どものすてき。