著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

嫌いなものに挑戦! ・・・みちこ通信

 

あけましておめでとうございます。

昨年は、50周年の何ふさわしく、非常に大変な年でしたが、

今年は、もう少し落ち着けるでありましょう。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

以下、みちこ通信です。

(嫌いな物を食べさせるのに困っている実習生、

および新人の先生方は、是非参考にしてください。)

 

今日のおやつは、ビスケットにみかん。

ところがみかんが苦手なMちゃん。

 

「一緒に食べようか?」と声をかける。

「おいしい!」とオーバーにいいながら、

みかんを食べて見せるも、みかんの皮をむく気配もないので、

「先生が皮むいていい?」と尋ねる。

「うん。」とうなづく、Mちゃん。

「じゃあ、一口なめてみる?」というと、

首を横にふる。

いつも頑張る子なので、無理せず残してもいいかなぁ、

と思っていたとき、同じテーブルで食べていたLちゃんが、

「牛乳より甘くておいしいよ!」と声をかけてくれた。

実は、Lちゃんは、牛乳が苦手で、最近やっと頑張って飲めるようになった。

その言葉にMちゃんも、心が動いたようで、

私と目が合うと、頑張れそうな表情をする。

「じゃあ、どのくらい甘いか、なめてみようか!」と言うと、

「うん。」とうなづいた。

 

「ビタミンがいっぱいあって、風邪もやっつけてくれるんだって!」

といいながら、小さくしたみかんを口に持って行くと、

一口みかんを食べられた。

よこで、Hくんが、「豆まきの豆みたい!」という。

「どうして?」と尋ねると、

「みかんは、風邪をやっつけて、豆は鬼をやっつけるから、

 同じでしょう。」と・・・。

「たしかに!」

(相変わらず、天才やな、Hくん。)

 

Mちゃんは、この一口がよかったようで、少しずつ食べ進め、

なんと完食したのだった。

 

そしてそれをずっと見守っていたLちゃんとSちゃんが、

「Mちゃん、頑張って食べれてえらかったね!」と、

自分のことのように喜んでくれたのだった。

 

そして数日後には、

「おばあちゃんちでもみかん食べれたよ。」

という、Mちゃんの報告がありました。

 

よかったね。

頑張ったね。

 

子どものすてき。