著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

桜の下で ・・・美智子通信(年長)

 

4月、はと組の子どもたちは、

一足先に、進級のクラスに移動しました。

 

年長さんになったSくんが、2階に行く階段から大型遊具の方を見て、

「あそこで寝たら、気持ちよさそうやね!」と言いました。

 

見ると桜が満開で、それがお日様の光に照らされ、

絵に描いたように美しい風景がありました。

 

「ようし!

 行こう!」

 

と4人でそこに行って、ごろんと横になりました。

「本当にきれい!」

「すごくきれいだね。」

「うん!気持ちいい!」

と口々に思いが口に出て、Sくんが、

「思ったとおりや。」

とつぶやきました。

 

そこへN先生とM先生とY先生が通りかかって、

「何しているが?」

と声をかけてくれました。

子どもたちと一緒に、

「すごくいいことがあるから!」と呼んで、

ごろんと横になって上を見て、と誘うと・・・。

 

先生たちも思った通り、

「わぁ、きれい!」

と感動の声をあげてくれました。

 

子どもたちが「やったね!」という表情を浮かべるなか、

Sくんが、「先生たちが、笑ってくれてよかった。」

と何気なくいいました。

「どうして?」

と尋ねると、

「だって、笑った顔がいいもん!」

ですって。

 

暖かな春の一日です。

 

子どものすてき。