著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

バイバイの心

 

朝、早出の時間帯。

子どもの大きな声が聞こえてくる。

 

「バイバイ!

 バイバイ!!

 バイバイ!!!」

 

繰り返されるそのバイバイは、

魂の叫びに聞こえる。

 

お母さんとの別れについて、

自分を納得させようと必死であると同時に、

「絶対に僕のこと忘れないでね。」

「絶対に僕のこと、お迎えに来てね。」

と、そう叫んでいるように聞こえる。

 

そういえば、お母さんやお父さんと別れるときはギャン泣きで、

すぐにケロリンコの子もいる。

それを年長さんまで続ける子もいて、

「ええ加減にやめなさい。」というと、

次の日からやめたりするが、結局のところ、

「私は幼稚園の子であることを認めますが、

そう簡単にあなたと離れて大丈夫と思ってもらっちゃ困りますよ。」

という意味の、彼らの年中行事というか、日課なんでしょう。

 

けれど、その朝の「バイバイ」を聞いていると、

 

安心でいてもらわなきゃ。

 

と、やっぱり心が引き締まる。

 

子どものすてき。