著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

ダンゴムシが赤ちゃんを生む・・・年長児

 

2歳のNちゃんが、

「N,お部屋に行きたいの~。」と私の手をとってくる。

ちょっと不安そうなお顔。

そうかそうか、はいはい行きましょう行きましょうと、

お返事していた矢先に、

年長のKくんが、

「まみこ先生!!

 ダンゴムシが赤ちゃん生みゆう!」

 

ん?

ナニ?何!!

 

それはいかん!!

と、現場に急行する。

「Nちゃん、ちょっとごめん。それどころじゃなくなった!」

とNちゃんも連れて行く。

 

そこには、3人の年長がいて、

「これ!これ!」

とその出産中のダンゴムシを見せてくれる。

ポトッ、ポトッ、

と卵を落としている感じ。

 

そして、私の手のひらにも、ポトポトと落とす。

何やら、足らしき物があり、動いているではないか。

「虫めがね!」

と叫ぶと、

「はい!」

とKくんが走る。

 

Kくん、君はまっことええ子や。

 

ダンゴムシが気の毒になって、地面に下ろす。

その間にも、ダンゴムシはポトポトと出産している。

虫眼鏡で見る赤ちゃんのたちのなんてかわいいこと。

 

「なんか、私の手の平って赤ちゃん熱いんじゃないかなぁ。」

と呟く私。

でも、小さすぎて、つまめないし、土の方向に歩いてくれそうもない。

そんなことを考えていると、

私の目の前に、すっと一枚の枯れ葉が。

Kくんが、ダンゴムシが好きな枯れ葉を乗せ場所として持ってきてくれた。

 

Kくん、君は本当にええ子や。

 

そして、ふと土の上に置いたダンゴムシを見ると、消えていた。

「あ、おらんなった。

 どこ行ったろう。あり?」(他の子どもにも見せてあげたかった・・・)

と、Aくんが、

「お買い物に行ったんじゃない?サンシャインとか。」

という。

それはまた、唐突やね、という表情で私が見ると、

「行かんか。サンシャインには。」

と自分でつっこんでいた。

 

まぁ。行かんろう。

 

お母さんダンゴムシのすてき。