著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

納得の旅 ・・・年少児

 

Kくんが、お母さんのそばでめちゃめちゃ泣いている。

なんと、朝来る前に、お兄ちゃんとタッチできなかったことが、

悲しかったらしい。

 

「まあ!!

 お兄ちゃんとタッチできんで泣く弟なんか、初めて見た。

 なんてすばらしい弟かしら!」

と多少とんちんかんなことを言ってみるが、

効力はない。

 

だが、ともかくお母さんには時間がない。

というわけで、抱っこして預かる。

そして、担任の先生へ。

しかし、なんのツボか、ちょっとしてさらに泣きだした。

その様子は、相当に激しかったし、

気持ちを切り替えるのは相当に難しそうだったので、

「わかった。

 じゃあ、お母さんを探しに行こう。」

といって、門を出た。

 

一緒に手をつないで早足で歩く。

泣きながら歩くKくん。

そういえば、こんなに泣くことなんて久しぶり、と思い、

「Kくん、いっつも頑張ってるもんね。

 こんなに泣くことなんて、ないもの。

 探しに行こう、お母さん。」

というと、ピタッと泣き止んで、

「あ、鳥がおる。

 あ、ここRちゃんち。」

とお話を始めた。

 

そして、駐車場に着く。

私たちは、話を続けながら、

ただ、一度も止まらずにそこを適当に歩き、

まわって駐車場を出た。

 

そこには、「探す」という動きが全くなかった。

ただ、我々は、そこを流して歩いた。

 

それで私は、

あぁ、彼はいないってわかってて、

だけど、ここに来なくちゃいけなかったんだな、

と思った。

 

私たちは、変わらない歩みの速度で、

風を感じ、川の流れを感じながら幼稚園に向かった。

すると、幼稚園では、地震速報が誤報で鳴って、

大事件になっていた。

 

びっくりや。

旅のすてき。