著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

父と娘 ・・・年長児

 

今日は、お泊り保育。

なぜが園庭にレスラーが登場・・・。

何年も眠っていたマスクが日の目を見たらしい。

そのレスラーを、子どもたちが虫取り網で捕獲しようとするので、

阻止する。

その後レスラーは、相当長い時間、お相撲に付き合ってくれた。

 

そこへ今度は、サルが・・・。

どんな園庭。

 

妙に細くて、背が高いひょっとこみたいなサルで、

なんともシュールな絵に笑ってしまう。

そこへ、娘がやってきて、腰に手をあて、

「また、いらんことして!」と怒っていた。

すぐに父親だとわかったらしい。

 

そのサルは、相当子どもたちに追いかけられ、

たぶん宇宙に帰ることになり、

あるお父さんに付き添われていたが、

彼は、「大月町から来ました。」と言っていた。

 

しかし先生たちは見送りながら、

「どこの惑星かしら。」と言っていた。

 

そうして、T氏が戻ってくると、

娘はお父さんのところにかけよって、

また腰に手をあて、「もう!いらんことして!」と言い、

手で押しながら、

「みんなに謝りなさい!!

 みんなに謝りなさい!!」

と怒り出した。

 

はは。

あまりの剣幕に、

「実は、まみこ先生が、3日前から頼んじょったが。

 ショーよ!ショー!」

と執り成しのうそをつくと、すんなり許してくれた。

 

それならいいのね。

本当に「みなさんにご迷惑おかけしました」という、

その怒りぶりに、女の子ってすごいなぁと、

一人感動した。

 

子どものすてき。