著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

つづき ・・・年長児

 

というわけで、私はこの子たちにある秘密をもらした。

 

「ねぇ、ぜったいに、先生らぁに言わんとってよ。」

「うん、なになに。」

「君たちだけに言うから、内緒で。」

「うんうん。」

「実はね、今日、まみこ先生の誕生日なが。」

 

「ええー!」

 

8人全員の目が丸くなる。

ほらきた。

誕生日が心底嬉しい人たちに、言ってみるとどうなるかな、

という私の好奇心を、実に満たしてくれる反応であった。

 

「でもさ~。

あんまり嬉しくない。」

「なんで?」

と、心底不思議そうにいう。

(いいな~、こういう違い。)

あんまり、心底なので、言うのも憚られたが、

「だって、おばあさんになるだけやん。」

というと、

「ふうん。」と不思議そうな顔をし、

 

「何歳なったが?」と聞いてきた。

「何歳か。」

「15歳。」

「ぶっ。それはない。」

「25。」

「ちがうちがう。」

「40。」

「おっ。」

というわけで、48歳を当てられる。

 

「ケーキ食べた?」

「うん?食べてない。」

「え~、なんで?」

「あぁ、大人は、外に食べに行くがよね。」

(と、Yちゃん。なるほど。)

「ケーキ、食べるかなぁ。」

「なんか、好きなもん、食べたらいいやん。」

(と、親身に言ってくれるSくん)

「ほんまやね。そうするわ。」

 

なんか、楽しい。

大人と子どもでありながら、

大人と子どもでない感じ。

 

子どものすてき。