著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

運動会に向かって ・・・・全園児

 

今年の仕上がりは素晴らしい。

仕上がりというのは、運動会という目的に向かって、

集中力が高まり、心も身体も著しく伸びているということである。

 

年中さんの走り方がすばらしくなった。

手も足もめいいっぱい動かせている!

9月の「なんですか、そりゃ。」がうそのようだ。

玉入れも、入れるかごの高さが上がっても、

30前後をキープしている!

担任の気合も、十分である。

ウダウダは多少変わらんところもあるが、

これは、年中であるからして仕方あるまい。

一人一人が、それぞれの緊張と戦っている故である。

 

年長さんは、今年久しぶりに4チームでリレーを走る。

これは、すばらしかった。

「バトンをつなぐ」ということがよくわかり、

毎回、チーム内での走る順番を考え合っている。

自我を通す子、気分の子、戦略の子とさまざまで、

様々に試行錯誤をしている。

そうして、「チーム」の連帯感が増し、

メンバーが自然に肩を組んで、エイエイオーをしている。

環境として、めちゃめちゃわかりやすい、4色のたすきを作ってくれ、

アンカーも真ん中にラインが入った、

「アンカーです」というたすきを作ってくれた我が作り部の福永さんに、

心から感謝である。

 

今年の子どもたちは、連帯感が非常に強く、

ひっぱりっこでも、誰かが前に出てきて、

「がんばるぞ、おー」を全員でやっている。

むしろ、気合のわりに、

本番の中身がへなちょこに見えるくらいである。

また、永遠と繰り返すので、止めることも一苦労。

だが、こんな素晴らしい光景があるだろうか。

自然に湧き出る一体感。

これは、担任が、一人ももらさず子どもを大事にしているからである。

どの子どもにも、クラスへの所属意識が育まれているからこそ出てくる姿に、

見とれている。

 

バトンの渡し方も、走り方も、負けない気持ちもすばらしい。

ひっぱりっこについては、

それは、ひっぱりっこではなく、歩いてるだけじゃないですか、

という姿があり、笑ってしまったが、「引き合うこと」だけをやってから、

よくなった。

先手必勝の大人部の作戦に引きずられているところがあるので、

来年は調整が必要だろう。

組み立てのできあがりも上々である。

 

2歳さんは、相変わらずとてもかわいいが、

走る姿は年少のようだ。

「どんぐりころころ」のかわいいダンスを是非踊ってくれるように、

祈るばかりである。

 

年少さんは、ダンスの姿が例年になくすばらしい。

森で豊かに虫とかかわってきて、自分で虫のお面を作って、

虫のダンスを踊る。

その生き生きとした姿に、体験の連続性の大切さを思う。

さらに、種目の内容も少し変えたことが功を奏し、

大変バラエティ豊かに見える。

 

というわけで、今年は、ぐんぐんとギアがあがっていく運動会で、

台風もよけてくれる始末である。

当日が楽しみで仕方がない。

 

子どものすてき、