著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

避難訓練

 

以前に、地震から身を守る方法として、

ダンゴムシのポーズがいいのか、

と疑問を呈したことを覚えていらっしゃるだろうか。

 

一番の問題点は、目を塞ぐことで、

「状況判断する」ことを捨てる、

ということである。

そしてそれは、「天井」という、

危険な落下物のすぐ真下かもしれない、

ということである。

 

これらは全て、減災教育を進めている、

江夏猛史さんから教えて頂いたことだ。

本園の場合、1階は、できる限りすばやく園庭に出ることが安全だが、

2階の保育室では、その時間はないこともある。

重い天井から身を防げて、なお且つ最も崩れにくい場所は、

備え付けのロッカーの前で、

ここにしがみついて、まわりを見ながら身を守る方法を、

教えてもらった。

これから、ここに、捕まる用のバーを設置していく。

何かに捕まって身の安定を保つのは、

ごく自然な動作でもある。

(こうなると、地震速報の存在も大変需要になってくる。)

 

そういうわけで、我々は新たな考え方、

至極もっともな考え方の元で、

新たな避難訓練を積み重ねている。

 

ここで思うのは、子どもの自然な生きる力と、

こちらの投げかけがマッチしていたら、

驚くほどそれを子どもたちは吸収するということである。

例えば、2歳児でも、「見てなきゃダメだよね、何が起こってるか、」

ということを教えた次回からは、

実にすばやくそれを実践してくれるということである。

目を働かせ、状況を把握するという動きは、

彼らにとって、自然な身を守る方法なのである。

 

さて、江夏さんの研修を終えて実感として思ったことは、

先生が居ないときでも、自分で自分の身を守るために動ける子どもに、

育てなければならない、ということである。

 

そういうわけで、

ここ数回は、地震速報による速やかな移動をやってきたが、

今回は、先生が居なくとも、安全な場所にすばやく移動する、

ということを目的としてやった。

現実、大人が移動できない揺れは、存在するのだ。

 

ただ、先生の声という拠り所は必要である。

そこで、放送による避難指示を行った。

だが、先生の居ない部屋で、

自分たちだけで避難することになる子がいる、

ということは、初めてである。

 

結果はすばらしいものだった。

多くの園庭にいた子どもたちは、

大変すばやく園庭の真ん中に移動した。

そして、2階の保育室にいた子は、

先生がいなくとも、自分たちでロッカーにつかまり、

次の指示を待った。

彼らの報告によると、

年中の部屋に一人だったHくんは、自分で必要な動きを取り、

次の指示を待ち、園庭に出るときには、

隣のクラスを気遣って、一緒に降りた。

また、隣のクラスの女の子3人も、

Mちゃんの声かけのもと、3人で一緒に避難した。

大人しい子たちだけど、芯の強さを発揮してくれた。

年長でも、すぐにロッカーに避難し、

身を寄せ合って、避難を続けた。

ただ、隣のクラスに居たのに、

わざわざ自分のクラスに戻って避難した子がいたようなので、

これは、指導が必要だろう。

 

先生たちにとって印象深かったのは、

子どもたちが、自分のしたことをよく覚えていて、

事細かに報告してくれたことだった。

ここには、高まった集中力が伺える。

いざとなったら、腹が据わって頑張れる子どもたちなのである。

この姿は、園庭での行動のすばやさからも伺えた。

同時に、この子は、先生がいないと危険が高くなる、

ということもわかった。

また、訓練を続けることで、問題を乗り越えた子もいた。

 

そんなわけで、生きのびる確率をさらに挙げていく訓練が、

ちゃんと積み重ねていける手応えを感じたわけだった。

 

子どもには、生きる力がある。

子どものすてき。