著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

「お母さん」と呼んで ・・・2歳児

 

ものすごい泣き声が聞こえる。

Sちゃんだな。

 

Sちゃんだった。

誰も寄せ付けず、断固として泣く。

しかし、そのお顔は、よだれと鼻水と涙だらけ。

 

「Sちゃん、待って。

 お顔によだれがだら~っ、

 鼻水が、べと~、

 涙がぽろり!

 お顔拭こうね。」

 

と言って、カバンから、ティッシュを出す。

「はい、まず、よだれ。」

ここは、泣き止む。

「ほら、かわいいお顔になった。

 次は、鼻水。」

泣くので、見せる。

「ほら、鼻水。

 これで、きれいになった。

 次は、涙。

 

 Sちゃん、かわいい顔に戻った。

 泣くときは、よだれと鼻水を出さんで泣きなさい。」

 

とかいう、園長ドウモトマミコ。

 

Sちゃんは、

「お母さん!お母さんがいい!

 お母さんの所に行く!」

と泣いて主張する。

 

「お母さんがいい。お母さんがいいのね。(うん)

 じゃあ、お母さんにお電話してあげよう。

 Sちゃんが、おうち帰りたいって、お電話してあげる。

 じゃあ、Sちゃん、

先生のお部屋にお電話あるから、一緒に行こう。」

 

といって、抱っこの両手を差し出すも、

断固として、受け取らない。

お母さんに迎えに来てもらうという。

 

「けどSちゃん。ここで、お母さーんって、

 呼んでも聞こえないから、お電話しなきゃ。

 ここで呼んで聞こえる?」

「うん。」

「聞こえる?!

 ほんまか。

 よっし、じゃあ、呼んでみるよ。

 Sちゃんの、お母さーん!」

 

耳を澄ませる。

「返事ないやん。

 Sちゃん、聞こえた?」

「うん。」

「聞こえた?!」

「うん。」

「うそ!

 もういっかい、呼ぶで。」

 

と言って、呼ぶ。

もちろん、返事はないが、Sちゃんは、聞こえるという。

そこで、「Sちゃん、呼んでみて。」

というと、Sちゃんは、多少大きい声で、

「おかあさーん。」

と呼ぶ。

耳を澄ませてみる私。

「聞こえた?」

「うん。」

「うそ!まみこ先生、聞こえんが。

「Sちゃん、そしたらお母さん呼びに行こうか。

 あっちまで。」

 と門を指すと「うん。」という。

 

時々身を寄せてくるので、

抱っこしたいと思っていた私は、

「じゃあ、Sちゃん、自分で歩いていく?

 抱っこして行く?」

と聞くと、抱っこでうなづいたので、抱っこする。

 

よし。

 

「Sちゃん、お母さんが使うのどっちの門?」

と聞き、指さした方に行く。

「よし、じゃあ、お母さんて呼んでみて。」

というと、

大変控えめに「お母さーん」と呼ぶ。

 

「Sちゃん、お母さんに聞こえた?」

「うん。」

「じゃあ、お母さん、来てくれるかな。」

「うん。」

「じゃあ、ここで、待ってよっか。」

「うん。」

「でも、お母さん、すぐに来れんね。」

「ううん。」

「けどお母さん、空飛べる?」

「ううん。」

「飛べんろ。

 ここ来るまで、時間がかかるね。

 Sちゃん、今日バスで来た?

 じゃあ、お母さん、赤ちゃんのおむつとか持って、

 赤ちゃん抱っこして、いろいろ準備して、

 車で来んといかんね。

 それまでの間、ここで待とう。(うん)

 でも、時間あるからその間に、お荷物しちょく?」

と聞くと、

「うん。」という。

 

よし。

 

つづく