著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

「お母さん」と呼んで つづき

 

それで、私はSちゃんを抱っこして、2階のお部屋に向かう。

「Sちゃん、重くなって、お姉さんになったね~。」

といいながら、靴箱へ。

「Sちゃんの靴箱どこ?」と聞くと、

「ちょうちょ」とすぐにマークを指さす。

「あ、ちょうちょさんだ。」

というわけで、Sちゃんは、気持ちを取り戻し、

ちょうちょになって、お荷物をした。

ちゃんと、手がひらひらとちょうちょになっている。

かわいいなぁ。

 

そして、キティちゃんのかわいいハンカチを見せてくれ、

それから、ポケットティッシュを私に見せ、

 

「ポケトティップシュ」

 

と言った。

 

私は、爆笑したかったが、なんとかこらえた。

 

そうして、荷物をしていると、

Sちゃんが、朝、お母さんに怒られた話をしてくれた。

 

それでか。

納得。

 

赤ちゃんのお世話と我の強い娘にいろいろいろいろ、

てんやわんやの毎朝。

 

「そっかぁ。

 お母さん、大変やな~。

 Sちゃん、お母さん、Sちゃんのこと大好きだから、

 Sちゃんが帰ったら、

 Sちゃん、おかえり。大好きよ。

 って言うね。」

 

というと、

 

「うん。」

 

と言った。

そこには、当然よぉ!

という響きがあった。

 

親子の絆。

 

子どものすてき。