著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

チューリップ ・・・年少児

 

花屋さんに行くと。チューリップのつかみ取りをどうぞ、

と言われた。

 

「ん?チューリップって・・・。」

と芽が出たチューリップを見ると、

「遅いんです!すぐ、植えて下さい!」

とのこと。

 

手が小さいので、2個おまけしてもらって、

6個もらった。

 

どうしようかな、

年中さんはもう植え終えてるし、

サルスベリのところに植えるかと、

その球根を持って行くと、

目ざとく年少のHちゃんとKちゃんが来て、

お手伝いしてくれた。

 

チューリップの数を数えて、

大人用のスコップで、穴をちゃんと6個開けて、

上に向けてそっと置いて、

おいしい土を足して、フカフカにする。

なんだか、とっても楽しそう。

 

植えたところの前に、バーを置いて、

「ここに、チューリップって、

絵でも描いといてね。

踏まれないように。」

 

と言って、用事に行って帰ってくると、

万国旗なみに、これでもかと絵が飾ってあった。

 

子どものすてき。