著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

朗報 ・・・年長児

 

とにかく、泣き声がうるさく、さらに長く、

聞いているこっちの沸点が上がる。

という、あるお母さんの話を聞いた。

それを想像するに、非常に分かる気がしたので、

Sちゃんと話し合うことにした。

ちなみに、幼稚園では全くといって言っていいほど、

そんなことはない。

むしろ大人である。

 

そんなSちゃんを職員室に呼び、

「Sちゃん、お家で泣く?」

と尋ねる。

「うん。」とうなづくSちゃん。

「長いろ、それで。」

「うん。」

「それがさ~、ほんまにうるさいんやってよ。

お母さんもお父さんも。

だから、怒りたくないのに、怒ってしまうんやって。

Sちゃんのこと大好きなのに、

それで怒ってしまうから、どうしようって、

お母さん困ってたわ。」

 

と話すも、本人なんとなく、「そうなんす。泣いちゃうんす。」

という感じで、

「もう年長さんなんやから、

泣かないで、言葉でちゃんと言ったらどう?」

とか、

「泣くのは一人でトイレでも行って泣いて、

それから、出ていってお話ししたらどう?」

という私の提案にも、「ふんふん」と聞いており、

「じゃあ、自分の部屋とかで?」

と、「それはいいかも」という表情で聞いてくれもしたが、

なんとなく、「こりゃ無理かな。」と思って、

話を終わったことであった。

 

この会話の報告をお母さんにせないかんな、

と思い続けていたある日、

園庭にSちゃんがいて、

「どうよ、Sちゃん。」と近況を聞くと、

 

「泣いたら怒られるってわかったき、

泣いてない。

だから怒られてない。」

 

と言った。

 

 

うそ。

 

まさしく、お母さんに「ちょいと、無理かも。」

と報告しようと思っていた矢先に、

こんな展開が!

 

朗報とはこのことか。

それで、お母さんと話していると、

Sちゃんが泣かなくなった要因には他にいろいろありそうだったが、

ともかく、年長って、自覚して切り替えができる年なんだなと

改めて思った。

 

子どものすてき。