著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

すてきな子 ・・・年中児

 

年中さんでお昼ご飯を食べたときのこと。

もう、年中の3学期ですけんど、動き回るH氏。

その横に張り付く。

隙あらば逃げだそうと、キラキラとした目をするH氏。

そうは行くか。

 

それで、半分くらい食べたところで、

明らかに集中力が切れて満腹感が出ている。

だが、まだご飯がこんもり残っている。

「これ、全部無理やろ。」

というと、どこからか、

H氏が入れてと言ったんだという情報が入る。

 

「なに!

自分で、入れてって言ったの?」

と私が驚いていうと、

H氏が笑顔でうなづく。

「はぁ?」

すると、担任が、

「Hくんが、いっぱい入れてって言ったので。」

という。

私は、言われたからってそのまま入れんなや、

という表情を浮かべ、そうも言い、

H氏に険しい顔で、

「これ、自分で入れてって言うたんか。」

と、もう一度尋ねる。

H氏がうなづく。

 

「あ~あ。

これ、食べれんのかなぁ。

半分か?

お米って、誰が作ってるんだっけ?」

 

隣の子が、「給食の先生。」と答える。

「うん、それもそうやけど、

(ここで、お百姓さんとか、農家の人、とか言っても分からん気がしたので、

それくらい、そんな方々が遠くなっている今、)

そういえば、年長さんが作ってたなぁ、お米。

一年くらい、かかってるわ。

お世話してなぁ。」

 

と、ご飯を半分に分けながらいうと、

H氏は、ストンと、「これは自分が食べるべきご飯」と、

思ったらしかった。

それで、黙々と、私の手を借りながら、

食べ始めた。

残り3口のときは、本当に満腹で、

もう入らんというような表情があったにも拘わらず、

彼はそれを全部食べた。

 

あぁ、すばらしい子や。

と思った。

自分のしたことに、後始末をつけようするこの姿は、

彼の凜々しい未来を想像させた。

 

「いうことをきかんといえばH氏、

しかしどうにも可愛いすぎるH氏」のなかにある、

誠実さと責任感というすばらしい資質を見つけ、

なんか、無性に嬉しくなった。

 

それにしても、

「どうやろうね。

私、ずっとあなたのそばに、いますけんど。

まみこ先生は、他の子どものところに行けんのか。

他の子のお世話もしたいけど。

なんで、ずっとここにおらないかんのやろうね。」

 

というと、

「ぼくが、どっか行くき。」

 

と言っていた。

 

わかってんじゃないか。

じゃあ、座って食べなさい。

 

子どものすてき。