著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

お手伝い ・・・年中児

 

お弁当の時間のある会話。

 

「Sちゃん、お家で何しゆう?」

「ん~、お手伝いとかしゆう。」

「ほんま?!そりゃおりこう!」

「やらないかんことがあるき、それとかしゆう。」

「ふうん、えらいなぁ」

 

「私もやってる~。」

「まぁ、Aちゃんも?」

「お料理のお手伝いとか、お母さんのお手伝いしてる~。」

「えらいなぁ。」

 

なんとなく、次はNちゃんかな、

というタイミングで、彼女は右手をあげて、こういった。

 

「邪魔しかしやせ~ん!」

 

はは。

そのつもり、ないんやろうけど、

お母さんにとっては、まったくそう!

なんやろうね。

 

子どものすてき。