著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

自分を知って、前に進む ・・・2歳児

 

私は、幼稚園の出発点は、囲いの中に入ることだと思っている。

中で自由であっても、外に出ていく自由はない。

 

それを一番感じるのが、新入児である。

出ていったお母さんの後を追って、外に出たいと思うのは、

当然のことである。

 

そこで、私と新入児の旅が始まる。

1日目に、ずっと泣き続け、2日目も泣くKくんに、

「外に行きたいの?

 お母さん探しに行く?」

と尋ねる。

涙でうなづくKくんを連れて、門を出る。

「まみこ先生は、お母さんのところ知らないから、

 Kくんが教えてね。」

というと、Kくんは、勢いよく道を指さす。

だいたい、駐車場で終わるもんであるが、

彼は、そこを通り過ぎて別の方向を指さす。

「む。そうきたか。」

最初は抱っこしていたが、

「ここからは、自分で歩いて。」と言って、

一緒に歩く。

 

2歳の子の歩調に合わすというのは、

何とも言えん、豊かさがある。

私たちは、同じリズムでずっとずっと歩いた。

彼が私の手をにぎる強さに、私は一体感を感じ、

お母さんを見つけるんだという意志の強さと、

そのために、この手は自分にとって必要なんだという、

そんな思いを感じ取った。

 

私は、彼のエネルギーに相関する最終地点を計算した。

それは、かなりの距離だった。

時間にして25分くらいかな。

その少し手前で、

「私は、もう行けない。

 一人で行って。」と予告する。

「うわーん。」と泣いて、その先に行くと主張する。

 

そこで、設定した最終地点まで行く。

ここで、「もう、私は行けないから、一人で行ってほしい。」

と言う。

「うわぁ~ん」と泣く彼と押し問答をした末に、

「お母さんはいなかったから、

幼稚園で待っていよう。」というと、

とうとう、泣いてうなづいた。

 

「それじゃあ、頑張ったからおんぶしようね。」

と言って、おんぶして帰った。

途中で、「帰ったら、お茶飲もうね。」というと、

「うん。」と速攻でうなづいていたが、

そりゃのども乾くであろう、頑張りだった。

 

本当に、よく頑張ったね。

えらいね。

 

と言い続けて、幼稚園に帰った。

 

つづく。