著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

「いやだ、いやだ」の先 ・・・年中児

 

せっかく森があるので、

森の保育をやることにした。

 

在園児に連絡。

申し込みの電話の後ろで、ものすごい「いやだ」を連発するHくん。

目に浮かぶ。

そしてその「いやだ」ぶりに負け、一度電話を切るお母さん。

 

だが、結局森にやってきた。

「あらぁ!

いやだいやだいやだいやだやったのに、

森に来てくれて嬉しいわぁ。」

と園長ドウモトマミコ。

 

薄い笑いを浮かべるHくん。

 

その帰り、彼は私と一緒に歩きながら、こう言った。

 

「もう、こない。」

 

「あぁ、そう。」

 

「また来る。」

「それは嬉しい。」

 

「毎日来る!」

 

「それは無理。」

 

子どものすてき。