著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

遊んでくれて、ありがとう ・・・年少児

 

お母さんと離れることがつらくて、

珍しく大泣きしているIちゃん。

 

それでも頑張って泣き止んで、

色水遊びをはじめた。

でも、その背中には、どことなく無理があったので、

隣に座る。

 

二人で、ミントを取りに行って、

お茶を作ったりして遊んだ。

 

お片付けの声がかかる。

すると、Iちゃんの目に涙が浮かんだ。

そして、Iちゃんは、

ふと、たくさん泣いていた自分が泣いてなかったことに気付き、

 

「Iちゃん、泣いてない。」

といい、

 

「まみこ先生、今日は、Iちゃんと遊んでくれてありがと。」

 

と言った。

その顔には、涙が浮かんでいた。

 

「私こそ、Iちゃん、楽しかった。」

 

という私の心は、何とも言えない礼節の心で満たされ、

さらに、どうやったら、こんないい子が育つのだろうかと言う、

真剣な謎で満たされたのであった。

 

子どものすてき。