著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

お泊まり保育 Yくんの場合 ・・・年長児

 

Yくんは、たぶん、幼稚園に泊まるなんぞ、

絶対に嫌なはずであった。

だが、彼は、お姉ちゃんもお兄ちゃんも乗り越えたお泊まり保育を、

きっと、すごく楽しいと聞かされていたであろうお泊まり保育を、

乗り越えるために、やってきたに違いなかった。

 

だからであろうか。

彼は、なかなか寝付けなかった。

 

先生がそばに行くと、むしろ緊張するらしかった。

その顔は、まるで能面のようであり、

微動だにしない。

 

「頑張ってるね。

えらいね。」

 

と声をかけ、そばに居てみる。

ただ、ぼーっとしていると、

ちょっとYくんが泣いた。

「うっ」と嗚咽をもらし、涙をぐしぐしと拭く様子が伝わってきた。

 

だが、まぁ、私は気づかないふりをして、

ずっと隣に座っていた。

 

そしたら寝た。

 

子どものすてき。