著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

自由に道を選べたあの頃

 

今年は、喪服に袖を通すことが本当に多かった。

小さな頃から、私はよく母にお使いに行かされた。

たぶん3歳ぐらいからで、今ではありえんことだろう。

行く先は、山本商店という万屋さんで、今でいうコンビニだった。

そこでいつも私を笑顔で迎えてくれたおばさんが、亡くなられた。

 

山本商店に行く道は、4通りあって、

私は気分で、その道を選ぶことができた。

狭い道がお気に入りで、くぐったり、塀を登ったりして、

足場の悪い道をわざと通り、ちょっとしたドキドキ感を味わっていた。

ちなみに私は骨折歴4回である。

その他に、原っぱの道もあったし、普通の道もあったし、大きな道もあった。

時には、どれだけ早く行けるかを一人で競っていたし、

花を摘みながら歩いた時もあった。

 

そして、どんなときも、たどり着いたら、

そのおばさんが笑顔で迎えてくれた。

私が、お店に長居して、いろいろ眺めていても、

いつもニコニコと待っていてくれたし、

私が、80円のチョコアイスを買うか買わないかで、

さんざん迷っているときも、急かされたことは一度もなかった。

 

私は、山本商店を介して、

取るに足らない試行錯誤をたんまりと積み重ね、

その一つ一つの先に、いつも温かく、

「いらっしゃい。」「ありがとう。」

と言ってくれるおばさんがいたのだった。

 

おばさんの死は、

私のなかの何かに対する「さようなら」につながった。

そして、父のときと同じように、

「死」は絶対的なお別れであると同時に、

絶対的なお別れではないことを思う。

 

あの頃は、自由に道を選べた。

全てが、取るに足らないけれど、

一つ一つが新しかった。

 

終わりのすてき。