著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

まえがみたろう

 

いよいよ、先生たちに一番プレッシャーのかかる、

生活発表会の時期がやってきた。

今年の年中さんのあるクラスは、

お話に「まえがみたろう」を選んだ。

なかなかすごいネーミングのお話だが、

その内容は非常にすばらしい。

というより、松谷みよ子の文がすばらしい。

 

ちなみにそれは、

漫画で言えば、「デビルマン」の精神であり、

「エースをねらえ」のそれであり、

俳優であれば、松田優作や萩原健一の世界である。

 

すなわち、ほとばしる魂。

(松岡修造も確かにほとばしっているが、

 清潔感がありすぎる。)

話の展開はよくあるものであったが、その文からにじみ出る

未来を切り開く力強さは、現代にはないものである。

それを、年中さんがものすごく気に入ったというのであるから、

実に喜ばしいことであった。

子どもの魂は健在である。

 

一方、メディアでみかける若い女子男子は実にひ弱で、

籠の中の鳥的雰囲気が満載である。

きっと虫を見たら100「きゃぁぁ」の人種であろう。

ほとばしっているものがあるとすれば、

狂気だよね、だいたい。

 

幼児には、最初の仲間との出会いの世界で、

「未来を私が切り開くのだ!」的な熱い魂を、

それを友とやり遂げるのだ!的な友情が、

すごくいいんではないか。

 

古い紙芝居とか絵本は捨てんで、ちゃんとチェックせないかんな、

と思った。

 

教材のすてき。