著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

忙しいなかで

 

「食べらせてー!!」

 

と声を張り上げるHくん。

ぜったいに全部食べるが、ほぼぜったいに自分で食べないHくん。

というわけで、つねにこう叫ぶ。

 

しかし、その日。

せんせいは、本当に忙しかった。

最高に必死だった。

 

それを感じたHくんは、

それでも食べさせてくれる先生を思い、

自分で食べ始めた。

そして、全部食べ終えて、

先生にそのお弁当箱を見せに行った。

 

「食べてくれたのね。」

先生は、嬉しくてHくんを抱きしめた。

 

新人と子どものすてき。