著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

Welcom

 

新人は、なかなか一歩が踏み出せないものである。

製作コーナーに張り付いて、

一向にごっこ遊びに入りあぐねている先生に、

やってみないと何事もわからんから、

なんかわからんうちに一人になってしまった、

でもいいから、とにかく子どもを内側から感じて、

今日はどっぷり浸るようにと指示する。

 

そして、先生は、

子どもにVIP待遇を受けた。

彼らは、先生にとってもやさしくて、

むしろ、いろいろと教えてくれる勢いであり、

「せんせいなら、いいよ。」と言ってくれた。

 

きゃーきゃーとふざけてばかりで、

片付けとなると羽ばたいていき、

ときに、相当やさぐれているあの子が、

ずっと付き合ってくれて、

これもいいよ、あれもいいよ、これもどうぞ、これはどう?

と言ってくれた。

 

子どもってかわいいね。

子どもは、せんせいが大好き。

ありがたいね。

 

せんせいと子どものすてき。