著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

お母さん ・・・年少児

 

そのKくんが、花壇にいる私のそばにいて、

「お母さんおうち・・・。」

と言った。

彼は、時々、ふとさびしくなって、テラスで「うわーん!」と泣く。

 

「うん、そうだね~。

 お母さん、Kくんの晩ごはんの準備してるかなぁ。」

 

というと、目をうるうるさせて、こう言った。

 

「うん。

 お母さん、ニコニコして、待ちゆう。」

 

私の脳裏に、すぐに彼のお母さんの笑顔が浮かんだ。

 

そうね。

すてきな笑顔。

 

子どもの元気の源。

 

お母さんのすてき。