著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

お父さんは気楽

 

病院の会計を待つ間に、レストランで食事をする。

後ろに、3人の親子がやってきた。

お父さんと小学1年生くらいのお兄ちゃんと年中さんぐらいの女の子。

 

お父さんのこんな声が聞こえてきた。

「ご飯の前にケーキなんか食べたら、お腹いっぱいになっちゃうよ。」

「やだー、ショートケーキがいい!!」

「ショートケーキって、上にいちごがのっかってんだよ。」

「ラーメン食べる?

 ・・・。」

 

しばらくすると、何か明るい店員の声が聞こえた。

「ショートケーキです。」

 

頼んだのか!“

 

そして、お父さんはこういっていた。

「ほらぁ、なんでイチゴ嫌いな人が、ショートケーキ頼むかなぁ。」

 

なに、イチゴが食べれんのか。

 

「ほら、ここのスポンジのところ食べなよ。」

「あ、ここもイチゴ。」と女の子。

おそらく、スポンジの間だな。

「ほらぁ、なんでイチゴ食べれない人がショートケーキ頼むかなぁ。」

とお父さんが繰り返し、お兄ちゃんは、

「イチゴ食べれない人は、ショートケーキ頼む権利ないよね。」

と言っている。

お兄ちゃんは、真面目らしい。

しかし、娘はどこか底抜けに明るかった。

 

「うんこ。」

とか言い出すので、

「やめなさい。

 他に食べてる人がいるんだから、

 そんなこと言わないの!。」としっかり怒っていたが、

また、「うんこ」を繰り返したときには、

少し笑って、

「なんで、そんなこと言うかなぁ。」と言っていた。

 

好奇の視線を投げるのは忍びなく、

私は、背中越しに声だけであらゆる想像を膨らませていたが、

席を立つときがチャンスとばかりに、そちらに視線を向けた。

そこには、切り刻まれたショートケーキと、

お父さんのラーメンの麺だけを、

レンゲに乗せて食べている女の子の様子がちらっと見えた。

 

この時だけだから的なお父さんの無責任さと、

娘の実に単純な明るさが、心に残った。

 

家族のすてき。