著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

連続する美しさ 

 

今日、写真家の篠木さんと、50周年記念写真集のあとがきを、

5時間かけて書いた。

5時間!

 

というのも、篠木さんは基本映像の人であり、

バンと出たイメージでつかむタイプなので、

詩は得意なんであるが、

文章を書くというときには、

言葉の一つ一つを配置することよりも、

脳みそが先に動いてしまい、

一つの文章にいろんなことが詰め込まれちゃうので、

その一つ一つを解きほぐし、補強する必要があったのである。

 

こんなことをいうのも何だが、

自分で書く方がなんぼか楽であり、

最後の方は、相当飽和状態であったが、

そこで私は、自分では決して気づくことができないであろう、

真理を学んだ。

 

篠木さんには、

昔の暮らしのなかにあった、

モノやコトを作る工夫とそこに宿る心、

そして必然的に生まれる機能美や情景の美しさが、

子どもの遊びにも見えるということである。

 

分断されていない心と体。

あるもので作り上げる創造の力。

「足りない」から生まれる工夫と、

「足りない」から生まれる思いやりの心。

そして、そこにある美しさ。

 

やっぱり、「おもちゃ」よりも、ゲームよりも、

子どもには、水や泥や、枝や葉っぱがいいな、と思った。

それから、そんな遊びを包みこんでいく友だちと先生。

 

今となっては、ようちえんのすてき。