著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

おばあちゃん先生の自慢

 

「今日、私、かけっこ負けんかったで。

 ほら、あの子、え・・・と。

 誰やっけ。」

(ちなみに、おばあちゃん先生である前園長は、こればっかりである)

 

すると、新人がこう言った。

 

「○○ ○○くん。」

 

ぶっ。

それは、年少児やん。

んなわけないろう。

第一、そんな走っている場面を想像すらできん。

と全員が噴き出す。

 

そして、相手が誰だったかと言うと、

しなやかなカモシカのSくんと、

運動会以来、メキメキと早くなっているIくんだった。

 

「それは、すごい。

 わたしゃ、絶対勝てん。」

(私の身体能力は風前の灯である)

 

というと、

 

「最近、よく走ってるからね。

 ふふ。

 あんた、頑張りや。」

 

と肩を叩かれ、おばあちゃん先生は帰宅したのであった。

 

おばあちゃん先生のすてき。