著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

おばあちゃん先生の白髪

 

おばあちゃん先生の白髪が、

めっきり目立ってきた。

 

「ちょっとさ~、染めたら?」

「いいの、いいの。

 これがいいの。

 私は、これが、いいの。」

と、その白髪をかきあげる。

 

その昔、およそ20年以上前、

おばあちゃん先生の頭に見つけた一本の白髪をひょいと抜いたら、

めっちゃ怒られた。

 

「もう!

 何するが!

 毎日、鏡でこの白髪見て、頑張ろうって、思ってたのに!!」

 

とのことであった。

 

そうすか。

私しゃ、親切のつもりでしたよ。

 

てなわけで、おばあちゃん先生にとって白髪は、

とても大切な物らしい。

 

「私、めっちゃ染めてますけど。」

というと、

「あんたは、そら、せな・・・。」

というわけだった。

  

白髪のすてき。