著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

何でもない小さな物語

 

金曜日、大学からシャーッと自転車で帰ってくると、

その駐車場のど真ん中に、黒いアゲハが落ちていた。

遠目から見て、死んでいなかったが、

お腹が一部潰れているようだった。

私はそこを、素通りした。

  

土曜日、遠足だった幼稚園からの帰り、

そのアゲハは、駐車場の奥の端まで移動していた。

 

日曜日の朝、そのアゲハは、家の裏口の扉の前にいた。

まだ、生きているようだった。

私は、ちょっとお出かけし、

帰りに幼稚園の庭に植える花を日曜市で買ってきた。

 

月曜日、小雨が降っていて、水やりにちょうどいいと思って、

花を取り出して並べた。

そして、ふとまだ生きているアゲハに手を差し出すと、

そのアゲハは、私の人差し指に乗ってきた。

それは、思いの外しっかりとしていた。

私はアゲハを、ダリアの上に置き、

ストローを伸ばすかちょっとだけ見て、去ろうとした。

 

そこでふと、もし雨が強く降ったら・・・、

と気になった。

雨に叩きつけられて、

花のそばで死ぬアゲハのイメージが浮かんだ。

 

そこで、雨は沁みるけど、屋根的なものはある、

という木の下に置いた。

そこで、アゲハがはじめて羽を動かすのを見た。

 

それから、私は相当アゲハが気になりだしたが、

平静を装うためかなんだかわからんが、

見に行かなかった。(何の平静であろうか?)

 

そして、朝。

きっとダリアのそばで死んでいるだろうアゲハを想像しながら、

その場所に見に行った。

 

いない・・・?

 

ちょっと驚いて、周りを確認したが、

アゲハは忽然といなかった。

 

飛んだ?

いずれ死ぬけど。

飛んだ?

 

何でもない、小さな物語。