著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

命を燃やして

 

上の息子は高3で、とうとう最後の県体を迎えた。

その一週間前から腰が痛くなり、

相変わらず気合いで乗り切る構えを崩さず、

前日は、しびれて立てないほどになった。

 

勝ちたいなら、なぜ、腰を大事にしないのかと、

なぜ、そのための計算をしないのかと、

相変わらず変わらんなぁ、あほやなぁ、

と思っていたが、そういうことでもなかった。

 

一日目は、団体戦で、

彼は、レギュラーではないが、

「勝ってほしい。

 ほんとに、勝ってほしい。」

といって、家を出て行った。

 

そして、声を枯らして、帰ってきた。

彼らの高校は、見事優勝を果たし、

自分は、応援で全部の体力を使ったので、

個人戦の試合がなくて本当によかったと言っていた。

 

その様子を見たときに、

腰を大事にして勝つための戦略を練るよりも、

彼は、ただ、一日一日を全力で生きたかったのだ、

ということがわかった。

彼はずっと、最後の県体が全てだ、

これで最後なんだと言っていた。

 

命が、燃えているね。

 

それで、次の日、応援に行く気になった。

彼の高校の応援は有名で、

進学校を鼻にかけた柄の悪さと、

類いまれなノリの良さを特徴とするが、

私が感心しているのは、声をかける内容の的確さである。

 

応援のスタイルは一緒だが、

一人一人にかける言葉が違っていて、

それは的確でありながら、

的確であるが故に、癖とも言え、

どうしようもない場合もあったが、

 

そこには、共に過ごした時間の長さと、

相手への思いの深さがあり、

心から支え合っている姿があった。

 

彼らは、若く、多少荒々しく、多少幼く、

とても瑞々しく、

命を、存分に燃やして、生きていた。

 

よかった。

優勝おめでとう。

そして、6年間、ご苦労様でした。

 

高校生のすてき。