著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

遠足に行かない

 

上の息子が、「遠足に行かない」と言い出した。

なぜなら、自分は天狗高原に行きたかったのに、

それに決まらなかったからだと言うのだ。

 

「タダのわがままじゃんか。」

高3でそれか、と心底あきれる。

弟が隣で、兄わがまま説にうなづいている。

 

そして兄は、バーベキューにも大反対で、

天狗高原でソフトクリームを食べればいいじゃないかと主張し、

どの班にするかのアンケートでは、

企画にない9班目を自分でつくり、そこにチェックを入れたというのである。

全く、準備する方には、はた迷惑な話である。

しかし、彼はそれを消されて適当に班に入れられたことに憤慨する。

 

「勝手に班にも入れられてさ~。

8班までなんだけど、9班、

て書いて○書いといたのに、

勝手に消して、別の班に入れてさ~。」

 

「それは、優しさでしょ。

また、堂本が変なこと書いて、めんどくさいって、

ここでいいやって、入れられたのよ。」

 

「そうだよ。

だけど、9班て書いとけば、不参加ってことなんだから、

肉とか余分に買わなくて済むじゃん。」

 

「そんなあんたの気遣いは、誰一人わかんないよ。

まぁた、めんどくさいことしやがってとしか、思われてない。

あんたさ~。会社では絶対に生きていけないね。

自分の企画が通らなかったら、

仕事やりませんって、もう最悪。」

 

「仕事ならやるよ!

これは、遊びでしょ。遊び!」

 

「授業だろう。」

 

と弟がぼそっと呟く。

 

「そうだ!授業だ!」

 

と母が勢いづく。

 

「・・・・。

だいたい、先生もさ~、

最後になんか一緒に料理つくれっていうんだよ、

なんでもいいから。」

 

「それは、お母さんはすごく賛成。

だいたい、あんたなんかソーセージしか焼けないんだから、

何かつくればいいのよ。

で、バーベキューがそれなの?

焼くだけじゃん、それ料理?」

 

「いや、焼きそばとか、

バームクーヘンとかもやったらしい。」

「いいね~。すごく楽しそうじゃん。」

「楽しいかもしんないけどさ~。」

 

と、

 

「バームクーヘンって、買ったほうがよくね?」

 

と弟がつぶやく。

 

「それな!」と兄が喜ぶ。

「もし、ヘンなのができたらどうすんだ。」

と弟。

 

石橋を叩いても渡らない、合理主義の個性を発揮する弟。

ちなみに兄は、石橋を叩いて壊し、

河に流されて、岸辺から歩いて戻る男である。

 

そういうわけで、兄はきっと遠足に行かないだろう。

行ってくれると嬉しい。

(で、結局行かなかった。そして、PTA役員会で父は、

それが大きなうわさになっていたことを知った。)

 

その昔、東京で上の子の卒園時にクラスでTシャツを作ってくれて、

私一人、「買わない」にしており、

「あの~、堂本さんだけ買わないんだけど・・・。」

と、困惑顔で言ってくれたママ友を思い出す。

 

えぇ!

と驚いて購入した私も私である。

 

家族のすてき。