著書・学術論文 子どもと咲く花 せんせいのすてき

恩師について

2018年12月10日

 

私の恩師は、80歳をとうに過ぎている。

しかし、哲学的思考の衰えは、全くない。

ちなみに、第6代日本保育学会の会長だった。

単純にすごくて、私はこの30年間、

幾度も救われてきた。

 

その恩師と、電話でお話をしていて、

世間の話になり、

 

「今の時代はね、

 せこいやつらが、法律を細かく作って、

 その隙間をぬうずるい奴らが金儲けする時代なの。

 政治家もみんな本当にせこくて、細かいことつくりまくって、

 自分たちはそれをやぶって、金儲けする。

 そのしわ寄せが、全部弱い者に行く世界になってるの。

 

 世知辛いよ。

 本当に、息苦しい。

 自然もないしね。

 大地がない。

 全部が、せこくて。

 自然もダメになっちゃってるしな。

 もう、どうしようもないよ。

 終わりだね、世の中。

 わはははははははは。」

 

と爆笑していた。

 

80過ぎると、爆笑できるんだな、

と思った。

 

先生のすてき。