園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2019.05.30

そのNちゃん ・・・年中児

 

そのNちゃんは、担任の先生にツンデレである。

好きなのだが、どう甘えていいかわからんようである。

だが、担任の先生は、いつも明るく声をかける。

 

朝は苦手な彼女で、荷物はまず付き添いが必要である。

それで、私と一緒に2階に行って、

担任に渡そうと「ほら、Nちゃん、K先生来てくれたよ。」

というと、

 

「いや。だって、K先生うざいもん。」

 

と言い放ったのであった。

どこで覚えるが!

 

ツンデレのすてき。