園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2020.02.20

豆まき参観日の次の日 ・・・みちこ先生

 

今年も、鬼がやってきた。

今年の生贄はあかね先生で、鬼が負けるほどの迫力があった。

鬼は、前日に「怖がらせ方」を研究してくれて、

結界を破る仕草をしてくれたり、2歳を漏れなく驚かせてくれた。

 

その次の日、落ちて片づけきれなかった豆を拾って、

はと組で、豆まき遊びが始まった。

そういえば、鬼が棒を持っていた!

と気づき、サランラップの芯が採用された。

すると、山の方から、葉っぱを持ったMちゃんが登場してきた。

ひょっとして、福の神。

 

それから、鬼のお面作りが始まり、

何人もの鬼が登場した。

 

最後は、Mちゃんが、

「また、本当の鬼が来たらいかん。」

と豆を拾いなおしていた。

 

子どものすてき。