園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2020.07.30

お泊まり保育 Mくんの場合 ・・・年長児

 

Mくんも、なかなか神経質な子なので、

寝付くのが難しかった。

 

隣に行って、胸をトントンする。

だがふと、思った。

彼は、トントンが必要であろうか?

 

「Mくん、トントンしていいの?」

と聞くと、彼は速攻で、首を振った。

 

ですよね。

 

2歳は、「トントン、せんとって。」

と、はっきり言いますけど、

どうも、5歳になると気を遣ってくれるんやね。

 

子どものすてき。