園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.03.01

決意が広がる ・・・年少児

 

その後、照れ屋のAくんも合格した。

なかなかいいお顔でいる。

今は、照れた様子もない。

 

そこで、名前を呼ぶ。

「はははははは。」

といって、姿勢が崩れる。

 

「いやいや、」と言って、

高らかに、もう一度名前を呼ぶ。

 

すると、「はい。」と言った。

 

お。

 

そして、巻物を渡すと、なんと自分から

「ありがとう!」

と言った。

 

また、ふんがー、と叫ぶ。

いいことって、子ども同士響いていくんだなぁ。

 

子どものすてき。