園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.07.20

泣いたその先 ・・・年少児

 

さて、Kくんは、避難訓練と聞いただけで、

ワンワンと泣き、「ママ~、ママ~。」と叫び始める。

 

「あのね、ママ~って言って、

こっから、声聞こえると思う?

聞こえるわけないやん。

はい、ちゃんと自分で逃げます。」

 

というと、そこそこ泣き止む。

 

だが、しばらくして、また、怖くなって泣く。

 

「ママ~。と泣くのはやめなさい。

怖いという方が、まだよろしい。」

と言われる。

 

そして、次の時には、「うるさい」とまで、私に言われ、

普通の行動を促される。

 

本番を終え、彼は、自分は「泣いた。」と言い、

「次は泣かない。」と自己申告したそうである。

 

君は、そっちが似合うよ。

子どものすてき。