園長ブログ

子どもと咲く花

保育の醍醐味は、なんといっても先生のものです。

毎日がとても新しくて、きらきらしています。その点、園長といえばお花の世話をするか、えらそうにするか…。

けれど、決まったことがない分、ゆったりとここにいて、あの子、この子に出会えます。

あいまいな存在であるからこそ出会えるあの子のすてき、この子のすてき。

きらりと光る子どもたちの姿を心に留めておきたくて、こうしてコラムを書いてみることにしました。

子どものすてきが、どうか、みなさんに届きますように。

2021.09.21

意欲 ・・・年長児

 

意欲と言うのは、すごいものである。

放送原稿がまだ出来上がっていない間、

「あめんぼあかいなあいうえお」をやった。

アナウンサーはこれが上手である、プロの練習やと言って。

一人ひとり、言ってみたが、まぁ、そんなにうまく言える子はいなかった。

 

ところが。

 

その2日後、

「これから、放送係の練習をはじめます。」

「よろしくお願いします。」

と唱和した後、何にも言っていないのに、

全員が、「あめんぼあかいなあいうえお」と言ったのだった。

 

うーむ。

練習した?

 

すごいな。

 

と思った。

そしたら、また2日後、「なまむぎなまごめなまたまご」をみんなで言ってきた。

ふんがー。

ついでに、言ってみといたやつやったのに。

 

子どもの意欲とは、こんなんである。

やる気があれば、言わないでも、自分で学んでくる。

そんなわけで、今度は、「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ」を言っておいた。

 

がんばる子どものすてき